固定費節約術で貯金を増やす

【大分】親to自分の老後の備え!40代の主婦がやるべき「J:COMスマホ通信費の節約」

みゆき
みゆき
こんにちは、みゆきです。
私は、2019年10月頃から毎日リベ大YouTubeで学び始めました。
2018年5月からリベ大YouTube「お金の大学」をスタートした『両学長』さん!

その教えを実践した結果、2022年は『節約、防御貯金・保険最小掛け捨てのみ、住宅ローン完済・S&P500株投資・ブログ副業』もできるようになりました(^^)
「老後2000万円問題」+「実家・親・墓」を解決する方法について紹介します

【スマホ1台=5000円/月】は高すぎ!
 通信費を見直してみましょう

  • ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアニーズ利用中なら見直しは必須

一度、携帯を持ってしまうと、契約内容の見直しや乗り換えが億劫になるので、そのままに利用してしまいがち。

でも、携帯は50年間以上、一緒に過ごすので総額の負担は重くなります

例えば、1か月5000円×12か月×50年間=300万円

1か月3000円×12か月×50年間=180万円

この2000円の差額は120万円です!

面倒に見えても手間を惜しんではいけません。

みゆき
みゆき
まずは、徹底的にすまほ通信費を削減する方法を実践しましょう
うちは、ネット+テレビ+固定電話+電気会社+スマホをJ:COMにまとめてます

【格安スマホ】数年と比較するとかなり安い設定です!

  1. J:COM MOBILE
  2. 【楽天モバイル】
  3. ahamo
  4. LINMO(ソフトバンク)
  5. UQモバイル(au)

1)J:COM(ケーブルテレビ)で通信費の節約

40代悩める主婦
40代悩める主婦
携帯やネットはそんなに使うわけではないけど、ない訳にはいかないし、4人家族だと負担が重くて・・・

大分に住んでいると「テレビ」からの情報は限られてしまうので、ケーブルテレビに加入していると家族の娯楽が増えます。

専門チャンネルも契約できるし、YouTubeなどもテレビ画面でOK!

インターネットも日常使いなら、特に問題なく利用できます。

そして、災害時にしか使用しないかもしれない固定電話はほぼ0円で設置。

電気代を見直したときも、J:COMで「お得セレクトパック」を利用して加入しました。

きっと、都会であれば5Gの通信状態がいいので「楽天アンリミット」を一押ししていることが多いのですが、田舎ではちょっと事情が違います。

ネット環境に不慣れな方にとっては、店舗があるのも魅力です。

自宅や家族の状況を見極めて、通信会社を選んでみましょう

格安スマホの5社を比較

楽天 docomo au softbank J:com
20G 楽天モバイル ahamo UQモバイル LINEMO J:COMモバイル
データ利用 0円
980円
1980円
2980円
無制限
2回線目は980円~
20Gまで
2980円
くりこしS
1628円
くりこしM
2728円
くりこしL
3828円
20Gまで2480円 1078円
1628円
2178円
2728円
申込Web
解約手数料無料
機種代も実質無料
申込店舗 × × ×
通話 かけ放題
楽天linkのアプリで通話無料
5分かけ放題 音声通話
22円/30秒
5分かけ放題500円/月 5分かけ放題500円/月
ネットワーク 4G5G 4G5G 4G5G 4G5G 4G5G
iPhone 11以降対応 6以降対応
iPhone購入 ×
楽天回線エリアの確認が必要 SIM購入 テレビ・電気・固定電話・セット割

 



今現在、docomoを利用しているなら、ahamoが候補になりうるかもしれません。

Wi-Fiの環境でスマホを利用することが多いならば、J:COMモバイルが「データ利用量」で料金が変動するので、ムダが省けます。

まとめ

【格安スマホ】数年と比較するとかなり安い設定です!

  1. J:COM MOBILE
  2. 【楽天モバイル】
  3. ahamo
  4. LINMO(ソフトバンク)
  5. UQモバイル(au)

日常生活に欠かせないスマホやWi-Fiですが、実は思ったより利用していない可能性もあります。

自分の使っている契約内容をしっかり見直して、ムダな出費をなくしましょう

おまけ:ちょっと面倒でも節約をする意味

みゆき
みゆき
私が感謝してやまない「両学長YouTube」から節約する意味をお伝えします